Moon Phases


  • CURRENT MOON
    moon phases
無料ブログはココログ

2007.02.28

2/24 矢野沙織カルテット@西新井カフェ・クレール

02

2/24(土)矢野沙織カルテット@西新井カフェ・クレール
矢野沙織(as)今泉正明(p)増原巌(b)加納樹麻(dr)

矢野沙織を最初に知ったのは、もう5年位前になるだろうか、何気なく見ていたケーブルTVの放送だった。当時まだ中学生だったと思うのだが、大人に交じって、まだおぼつかない様子で、それでも懸命にソロを取る様子が、映し出されていたのを覚えている。しかし、それで一気に惚れ込んだという訳ではなくて、その後、上野のCDショップで、彼女のデビュー・アルバムを見掛けたものの、随分と早いデビューだなと思ったくらいで、特に気にも留めなかったのである。

矢野沙織との本当の意味での出会いは「02」という、2ndアルバムだった。その日のお目当ては、その超絶的なプレイで、鮮烈なデビューを飾り、テレビでハービー・ハンコックとのジャズ・フェスでの共演が放送されるなど、その頃、既に大きな注目を集めていた、松永貴志の新譜であった。しかし、渋谷のCDショップで試聴機のヘッドフォンを耳に当てるも、些か期待はずれのその音にぼんやりしていた時に、となりの矢野沙織の試聴コーナーが目に止まったのだった。最初の1フレーズを聴いただけで、とにかく驚いた。これがホンの数年前、TVの中でか細い音で申し訳なさそうにサックスを吹いていた少女なのかと。そして、1曲目をホンの数十秒聴いただけで、そのCDを即買いしたのである。家にに帰り早速ネットで調べてみると、何と翌日、自宅近くのいつも買い物に出掛ける、スーパーの隣りにあるカフェで、ライブがあるという。翌日、開演間際に店に飛び込むと、そこがあのケーブルTVで映し出されていた、カフェ・クレールだったのである。

さて、そんな私の矢野さんの音楽との出会いの場所でもある、カフェ・クレールでの2007年、2度目のライブに行ってきました。

今日のドラムは加納樹麻さん。今回初めて拝見しました。元気が良く、音量はあるのですが、その分全体のバランスを、少々乱しがちであったように思います。またそれで、他のプレーヤーのソロが、聞き取りにくくなってしまった部分も、あったように感じました。

今日、一番光っていたのは、ベースの増原巌さんだったでしょうか。今回もまた、非常に長いソロを取っていましたが、それを飽きさせることなく聴かせるだけの腕があり、そしてまたベーシストとしては珍しく、メロディー・センスも非常にいいのではないかと思います。

今日のピアノは、デビュー当初から矢野さんを支える今泉正明さん。正確なキータッチと、特にソロなどではトリッキーな部分も見せ、またベテランらしい巧さも兼ね備えたプレーヤーです。またその巧さも、厭味がないところが良い。今日は、そんな今泉さんと一緒ということで、矢野さんはその表情からも、随分とリラックスした様子が伺えました。

矢野さんは、この一年で随分と成長したなと、つくづく思わされます。今では、リーダーとしての立ち振る舞いも、とても落ち着いていて堂々としたものである。彼女の最大の魅力であるボリュームのある音色も、昨今増々深みを増している様に感じます。さらに彼女の凄いところは、速いフレーズにおいても、その音色が損なわれないところなのです。よく息が吹き込まれ、楽器を目一杯鳴らすことができる。今日の矢野さんは、ソロの途中で何度か指が止まる場面も見受けられましたが、焦りがないからなのか、それが決してイヤな感じではなくて、むしろこなれた感じでさえありました。そんなところから、もうベテランの風格さえ感じさせられた、そんな今日のライブでありました。

2007.02.05

2/3 松本茜トリオ@西新井カフェ・クレール

0303akane

2/3(土)松本茜トリオ@西新井カフェ・クレール
松本茜(p)山下弘治(b)田鹿雅裕(dr)

先月に引き続きクレールでの、松本茜さんのリーダー・セッションを観てきました。

まずは今日のベーシスト、山下弘治さんは今回初めて拝見しました。まさに正統派といった感じで、非常に安定したプレイ。器用というのか、とてもしなやかな指先で、速いフレーズも難なくこなしていました。ジャズに限らず、ベーシストの中には案外音程がないがしろになってしまう人も多い中、この人はとても耳が良いようで、ソロなども聴いていて、とても気持ち良かったですね。

ドラムはクレールでは、もうお馴染みといってもいいでしょうか、田鹿雅裕さん。今日もソロで、度々沸かせてくれました。田鹿さんのプレイなんかを観ていると、ジャズとはまさにイマジネーションなんだなと思わされます。基本的に音程を持たないドラムという楽器だけでもって、聴いている人をあれだけ惹き付けることが出来るのだから、もう単純に凄いことだなと思ってしまいます。そして、余裕だよなとも思う。きっと「余裕」から、「間」や「溜め」というものは、出てくるのではないかと、私は思うのですが、田鹿さんのプレイを見ていると、そういう余裕を感じます。

さて今日の松本さんですが、1st Setでは緊張しているのか、ややぎこちなさが見え隠れしていたものの、2nd Setに入ってからは、休憩で少し緊張がほぐれたのか、本来の調子を取り戻したようで、元気一杯に演奏する姿を見せてくれて、一安心といったところでした。ただソロなどでは、大変キレイにまとめられたフレージングであったりはするのだけれど、もう少し新人らしく果敢にチャレンジする姿勢も、見せて欲しかったなという気はしました。

そして2nd Setでは、先月のライブと同じくオリジナル曲2曲が、演奏されました。その中でも「Story」は、とても愛らしいメロディーを持った、素敵な曲。今後、自分のカラーというものを打ち出していくためには、こういうオリジナル曲というものが、とても有効になってくると思うのです。そういう意味でも、ぜひこれからも魅力的な楽曲を、たくさん生み出していって欲しいものです。

まだまだたくさんの可能性を秘めているであろう19才、周りの期待に押しつぶされることなく飄々と、そして、もちろん謙虚さは必要だとは思いますが、でもひとたびピアノに向かったならば、そこは大胆に挑戦していって欲しいものである。

2007.01.17

言葉にいったい何の意味がある

ノーウェアマン

何度聞いてみても、すごい歌詞。

夕刊すとーりー:歌よ「満月の夕」(毎日新聞)

ヒートウェイヴ「ノーウェアマン」(要iTunes)

「満月の夕(ヒートウェイヴ・バージョン)」歌詞

GHOST HITS 93~96 かりゆしの月

2007.01.14

1/13 松本茜トリオ@西新井カフェ・クレール

Akane

1/13(土)松本茜トリオ@西新井カフェ・クレール
松本茜(p)嶌田憲二(b)田鹿雅裕(dr) 

いきなり話は逸れるが、近頃、私は松本さんのブログのファンである。ジャズピアニストであるのと同時に、十代の普通の女の子の日常が垣間見ることができて、とても面白い。そして、ついつい読まされてしまう文章でもある。そういえば、音楽家の書く文章は、意外と面白いものが多い。私の好きなTHE BOOMの宮沢和史の書く(現代)詩も面白いし、最近読んだものでは、昨年亡くなられた指揮者の岩城宏之さんのエッセイも面白かった。思うに、物書きも音楽家も、サービス精神が旺盛でないと、務まらない生業だからなのかも知れない。

オーケストラの職人たち 指揮のおけいこ 未完の夜

松本茜さんは、ジャズの名門、米国のバークリー音楽院の奨学生を蹴って、日本で活動を続ける弱冠19才のピアニスト。昨年から都内を中心に本格的に演奏活動をスタートし、ここカフェ・クレールにも、月一で出演されています。私も昨年11月の矢野沙織さんのライブでの飛び入りは目撃しましたが、リーダー・セッションを観るのは、今日が初めてでした。

松本さんのピアノは、非常にしなやかなタッチで、跳ねるように鍵盤の上を指が躍ります。まだ自身の演奏だけで精一杯といった感じで、他のメンバーとセッションを楽しむといった余裕や、意外性のあるコードを持ってきて、相手を驚かすようなこともないけれど、和音を大事にした美しいピアノでした。バラードでは、そのしなやかでやさしい調べに、私もこの日はセンターの一番前の席であったのにもかかわらず、思わず夢の中へ…。ただソロなどでは、ひとつひとつのアイデアに面白いものはあるものの、そこから次々と発展させてくというようなプレイは、見られなかったように思います。

さてこの日の他のメンバーについても、少し触れておきましょう。ベースの嶌田憲二さんは、この日、松本さんとは初顔合わせなのか?イマイチ波に乗れない感じ。しかしながら、骨太でざっくりとした感じの、味わいのあるベースを聴かせてくれました。

矢野さんのライブでも、何度か目にしている、ドラムの田鹿雅裕さんは、さすがの軽快なドラミング。そしてこの人は、ブラシの使い方がとても巧い。バラードでの擦るブラシのみならず、アップテンポの曲でのバチ裁きというか、ブラシ裁きというべきか?には、脱帽でした。

終演後、松本さんご本人から、セットリストのコピーを頂きました。しかし、私が夢うつつの頃「The Days Of Wine And Roses」を演奏されていたと思ったのですが、そこにその曲名はありませんでした…。あれは本当に夢だったのでしょうか?

・Celia
・Tendery
・John's Abbey
・The Shadow of Your Smile
・Tadd's Delight
・Mr.P.C.

・The Cup Bearers
・Story(オリジナル曲)
・Playing(オリジナル曲)
・Sunset And The Mocking Bird
・All the Things You Are
・Oleo

2007.01.08

1/7 矢野沙織@西新井カフェ・クレール

PARKER’S MOOD~Live in New York

1/7(日)矢野沙織@西新井カフェ・クレール

恒例のクレールでの、矢野さんのライブ。正月2DAYSのうちの、二日目を観てきました。思えば、昨年の正月2DAYSでのライブを久しぶりに観てから、クレールでの矢野さんのライブに、通うようになったのでした。

今日のメンバーもまた、初めて観る組み合わせ。矢野沙織(as)吉岡秀晃(p)金子健(b)横山和明(dr)。ベテラン二人×若手実力派二人といった感じで、これまた面白いライブでした。

ピアノの吉岡さんは、和音をキレイにつないでいくタイプのプレイが印象的。また一音一音置いていくようなタッチで、非常にブルージーなソロも展開。今日はこの吉岡さんが、バンドのムードメーカーといった感じで、少し大きめの体を揺らしながら奏でられる白熱したプレイに、矢野さんも思わずニンマリといった場面が、何度もありました。

ベースの金子さんは、安定したプレイであるのと同時に、弓で弾いたのを始めとして、非常にメロディアスなソロを展開。また色々と仕掛けて来て、他のメンバーを煽るのだ。それに三人が答えるうちに、段々と演奏が熱を帯びたものになっていき、非常に白熱したライブになったと思う。

ドラムの横山さんは、やはり11月に観た時と同様に、堅実ではあるのだが、少々ぶっきらぼうなプレイになってしまう嫌いがある。もっとプレイに遊び心を織り交ぜると、面白くなるのではないかと思うのだが。

さてこの日の矢野さんですが、新しい年も明けて、気持ちも新たにといったところでしょうか?11月の時のある意味勢いで押すといった感じはなくて、落ち着いた余裕を感じさせるプレイでした。衣装も大人っぽいシックな出で立ちで、矢野さんの持ち味の、甘く色気のある音色を、ますます魅力あるものとしていました。何でも矢野さんは、明日、成人式を迎えられるとのこと。尚かつ式場で、自身の演奏もあるのだとか。何とも頼もしい新成人である。この日は、そんな矢野さんの持ち味を十分に生かすことの出来る、ムーディーな曲が多く、ベテラン二人の味わいのあるプレイや、ちょっとイタズラな掛け合いも相まって、大人の演奏をたっぷりと楽しめた、そんなライブでした。

Groovin’High

«12/31 COUNTDOWN JAPAN 06/07→YEBISU07 NEW YEAR'S PARTY