Moon Phases


  • CURRENT MOON
    moon phases
無料ブログはココログ

« COUNTDOWN JAPAN 06/07 脳内タイムスケジュール | トップページ | 1/7 矢野沙織@西新井カフェ・クレール »

2007.01.01

12/31 COUNTDOWN JAPAN 06/07→YEBISU07 NEW YEAR'S PARTY

大晦日は、COUNTDOWN JAPAN 06/07YEBISU07 NEW YEAR'S PARTYという、欲張りなスケジュールを敢行しました。CDJは、ほぼ予定通りに観て回ることができました。

BEAT CRUSADERS→RHYMESTER→BACK DROP BOMB(チラ見)
麗蘭→BOOM BOOM SATELLITES(途中から)→
GANGA ZUMBA→OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(途中から)→SOIL&"PIMP"SESSIONS

今年は、全体的にライブフロアーに人が少ない気がしました。入場者数自体も、今年は抑えたのでしょうか?大阪に人手を取られたためなのか、音響も全体的に良くな かったような気がします。こういうフェスでは、例えばRISING SUNがそうであるように、たとえ遠く離れた北海道の地であったとしても、東京からスタッフが大結集といった感じで、最高の音響を作り上げていると思うの だけれど、今年のCDJは、各ステージから漏れ聞こえてくる音を聞いていても、何かそんな気がしてならなかった。サウンドチェックもあまり綿密に行われて いる様子が、見られなかったと思う。それにステージの割り振りも、正直、いただけなかった。私が観た中では、麗蘭もそうだし、GANGA ZUMBAも無理があり過ぎた。どちらもライブが良かっただけに、フロアーが埋まらないことで、その盛り上がりに水を差すようなことになってしまったこと は、非常に残念に思う。

さて、印象に残ったライブを少しだけ振り返ってみたいと思う。まず、今も名前を挙げた麗蘭。何と大阪に行っていたはずの渋谷陽一氏が、麗蘭を紹介しステージへと送り出すというサプライズから、ライブはスタート。そして、いぶし銀といっては失礼だろうが、しかし確かな腕を持った二人から紡ぎ出されるギターサウンドが、この上なくカッコイイ、そして気持ちいい。終盤では何とCHABOさんの歌う「雨上がりの夜空に」。CHABOさんから、キヨシローへのメッセージ。泣けてくる。来年こそは、同じステージに立てることを願う。

DISCOTIQUE

EARTH STAGE 18:30 GANGA ZUMBA 登場!しかしフロアーは全く埋まらない。それでも何とか、5千〜6千人は集まっただろうか?その時間、メシ食ってた奴、ハッキリ言ってもったいないぜ!しかし、GANGA ZUMBAを初めて目撃した、そう多くはないオーディエンスには、ブログなどを読む限り、概ね好感触だったようである。

セットリストは、

・Bridge
・Baila Con Ganga Zumba
・Habatake!
・Wonderful World
・ちむぐり唄者
・Mambolero
・Discotique

悪くはないのだが、この日の状況では、もうちょっと考えても良かったのではないかと思う。「Wonderful World」の流れで、スカをもう一曲「BRASILEIRO EM TOQUIO」でも良かったと思うし、無難なところで、序盤に「楽園」を入れても良かったと思う。一曲目が「Discotique」というのもありだと思うし、嫌だろうけど「風になりたい」を、演るべきだったんじゃないかとも思う。GANGA ZUMBAで演るなら「Mambolero」や、或は「Samba Caos」につないだっていい。

この日は、ちょっと前の方に行き過ぎたので、音像が上手く掴めなかったのだが、音はどうだったのだろう?前で聴いていた限りでは、コンビネーションはまだまだ。途中リズムの乱れも。しかしこの点は、確かGENTAの参加当初にも感じていたことなので、まだ仕方がないとは思う。それよりもGENTAの脱退で、メンバーの士気の低下は、少なからずあるのだろうか?でも、こんなことでくじけて欲しくはない。

最近、頓に気になっているのが、バイオリンの土屋さん。何か凄くロックなのだ。立ち姿が既にそうで、弾き姿はもちろん、ブーツでエフェクターを踏む姿も、凄いカッコイイ。こんな切れ味鋭いバイオリン、今まで聴いたことがない。最早、ロック・バイオリニストという、新たな分野を生み出したといってもいいのではないか?今、GANGA ZUMBAのライブは、土屋さんだけでも一見の価値ありだと思う。それくらい凄い。

PIMP OF THE YEAR

SOIL&"PIMP"SESSIONSは、CDJで2006年の締めくくり、さらにYEBISU07 NEW YEAR'S PARTYで、年明けの一発目を観ることができた。SOILはこの一年で、その強靭なサウンドに、増々磨きがかかったと思う。最早、その音楽は、もう誰にも真似が出来ないだろう。それほどの「凄み」ともいえるものが、彼らのサウンドにはある。しかしそれは、単なる騒音や轟音ではなく、全くの必然であり、理にかなった音楽なのだ。だから、爆音でありながら、心に響き、オーディエンスを高揚させ、踊らすことが出来る。これはある意味、究極の音楽だ。奇跡といってもいい。全てがその一瞬一瞬に凝縮されているのである。果たして、彼らはどこまで行くのか?そして今年もまた、JAZZという手法でもって、一体何を見せていってくれるのか?非常に楽しみである。

« COUNTDOWN JAPAN 06/07 脳内タイムスケジュール | トップページ | 1/7 矢野沙織@西新井カフェ・クレール »

コメント

サトーさん、レポありがとう。
やはりその場で見たかったなぁ。
GANGAもSOILもかっこいい音楽してたんだろうな。
行けなくてちょっと悔しいです。

レイコセンセ、女性の私が見ても非常に色気を感じます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13630/13291852

この記事へのトラックバック一覧です: 12/31 COUNTDOWN JAPAN 06/07→YEBISU07 NEW YEAR'S PARTY:

« COUNTDOWN JAPAN 06/07 脳内タイムスケジュール | トップページ | 1/7 矢野沙織@西新井カフェ・クレール »